リサイクル事業

TOPページ > リサイクル事業

リサイクル事業

コンクリートガラ・アスファルトガラ・廃ガラスのリサイクル

コンクリートガラとアスファルトガラ・廃ガラス(以下原材料という)は、土木・建築・解体工事などから建設副産物(建設廃棄物)として排出され、それらを破砕施設(リサイクルプラント)へ投入、粒度調整や不純物除去などの工程を経て、再生路盤材等へリサイクルされます。
街クリーンでは、自社の解体事業から生まれる豊富な原材料を活かし、路盤材などのリサイクル資材を常に供給できる体制にあります。

また、当社は沖縄県が平成16年より制定した、沖縄県リサイクル資材評価認定制度「ゆいくる」の認定資材を扱う認定工場です。

※ゆいくる制度に申請し、認定された建設資材は、沖縄県土木建築部が発注する公共工事で利用方針に従って優先的に使用されます。 財団法人 沖縄県建設技術センター >>

 

【ゆいくる認定資材】 ※写真をクリックすると大きな画像が表示されます。

再生クラッシャーラン(RC-40) 再生クラッシャーラン ガラス・カレット類混入(RC-40) 再生粒調砕石(RM-40) 再生割ぐり石 再生砂
再生クラッシャーラン(RC-40) 再生クラッシャーラン ガラス・カレット類混入(RC-40) 再生粒調砕石(RM-40) 再生割ぐり石 再生砂
再生砂 ガラスカレット30%混        
再生砂ガラスカレット30%混        

路盤材製造過程を動画にてご確認下さい。

 

 

 

 

草木(木質系)のリサイクル

伐採した草木のみで上質な木くずを生産しています

草木(木質系)は、伐採作業や建設工事、または家庭からのせん定枝などから多く発生します。まず草木(木質系)を重機と人の手によって不純物の除去作業を行い、一軸破砕機、トロンメルを通して一定の粒度調整を行い、おが粉を製造します。
当社が製造するおが粉は、建築廃材は使用せず、伐採やせん定した草木のみから作られた上質なおが粉ですので、農業などにも安心してお使いいただけます。

草木リサイクルイメージ

こんなときはお問合せ下さい!

当社の草木(木質系)リサイクルのようすを動画にてご確認下さい。

 

お問合せフォームへ

ページの上にもどる