CSR活動

環境を守り環境を創る

SDGs(エス・ディー・ジーズ)活動

●SDGsとは 「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193カ国が2016年〜2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。 一般的にSDGs(エス・ディー・ジーズ)と呼ばれています。 行動指針としてまとめられた「持続可能な開発目標(SDGs)」は、「地球サミット2002」で合意されたMDGsの15年間の成果を土台とする新たな行動目標となり、17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。 現在、国家、企業、個人がその目標の達成に向けた取り組みに挑んでいます。 もちろん日本企業でもさまざまな取り組みが行われており、大手飲料会社をはじめとする80社以上のグローバル企業は、一丸となりSDGs達成のためにイギリス政府がどのように貢献していくかを問う公開書簡をイギリス首相へ送り、民間企業が役割を果たすためのフレーム作りを求めました。 このように現在の国際社会における「Sustainable=サステナビリティ」は、地球環境保護の観点だけでなく、社会(経済格差・社会格差)や人間(人権、教育、ジェンダー)、途上国の諸問題の解決などを含めた「持続可能な発展」を意味する言葉として世界で認知され、サステナビリティ=「人間・社会・地球環境の持続可能な発展」と理解されるようになっています。 当社の取組みはこちらをご参照ください。

【街クリーンの取り組み】

■沖縄県各市町村(離島含む)からの海岸漂着ゴミを積極的に受入、
処理を行っており不法投棄撤去等のボランティア活動にも積極的に
参加し沖縄から海岸漂着ゴミ、不法投棄ゴミの全廃に努めます。

■環境省が策定したエコアクション21に取り組み、県内初の大型
選別ラインを導入し廃棄物の選別を強化しリサイクル率を向上、
最終処分量の削減へと取り組んでいる。

■弊社では障害者雇用の取組みや、健康で働く意欲のある高齢者の
の受入や継続雇用を推進しています。年齢問わずすべての人が働き
やすい、働きがいのある職場を目指します。

■海外からの弊社処分施設視察の受入を毎年行い、廃棄物処理、
リサイクルの技術支援をし、また海外での環境に
関する展示会などにも出店し交流を深めています。

エコアクション21

エコアクション21

エコアクション21認証・登録制度は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取組みを効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく、事業者のための認証登録制度です。

【環境理念】

『環境を守り、環境を創る』ことが、街クリーン株式会社の使命であることを再認識し、これからも廃棄物のリサイクルなど、地域から地球環境の安定に深く関わり、次世代が希望を持ち、夢が叶う社会づくりに貢献します。
【環境行動指針】

事業における廃棄物のリサイクル率を高め、資源の有効利用と最終処分量を削減します。
燃料・電気・水・ガスなどのエネルギー使用量を可能な限り削減し、また自らは産業廃棄物・一般廃棄物の発生や排出を抑制します。
倫理高き環境人を育成し、事業活動に伴う関係法令や諸規則を遵守します。
地域社会の清掃や美化活動に取り組み、良好な信頼関係の維持に努めます。
この環境行動指針は全従業員がea21システムから環境について学び、理解し、納得し、行動することを約束した証明であり、一般に公開するものである。

ボランティア活動

弊社の経営理念の一つに 『地域の支えに深く感謝すると同時に、誇りとされ、愛される人と会社であること。』とあります。
具体的な活動として弊社では、毎月数回の地域清掃活動や、毎年ビーチクリーン活動を行っています。
普段は産業廃棄物処理という業務を行なっていますが、身近な地域や世界に誇れる美しいビーチのポイ捨てや不法投棄などのゴミを社員全員で拾い地域を綺麗にしていくことで、地元・沖縄の環境保全を足元から考える機会にもなっています。
これからクリーンナップ活動を通して、地域の支えに深く感謝しながら地域の誇りとされ、地域に愛される人と会社を目指して行きます。